×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レーザーメスによるほくろ除去手術

ほくろ除去は大学病院の皮膚科等を中心に行なわれます。ほくろ除去の方法は炭酸ガスレーザーでの除去が、早くて一般的に簡単な手術です。この方法は別な呼び方ではレーザーメスによるほくろ除去です。ただし、ほくろの大きさが5mm以下の盛り上がっていないほくろの除去に適しています。

炭酸ガスレーザー(レーザーメス)でのほくろ除去の所用時間ですが、5分から10分と、かなり短時間で手術はおわります。レーザーメスでほくろ除去を体験した方は、あっというまに終わったという感じをうけるようです。炭酸ガスレーザー(レーザーメス)でのほくろ除去には、施術中の痛みもほとんどありません。ほくろのある一カ所に麻酔がかけられ、その後一気に炭酸ガスレーザーで照射しほくろを除去します。ほくろ除去直後の写真を見たことありますが、出血量もごくわずかで信じられませんでしたよ。

炭酸ガスレーザー(レーザーメス)でのほくろ除去では一回の手術でほくろを除去する事ができます。ただし、皮膚の奥深くメラノサイトが残っている場合は2回以上、ほくろ除去の施術をうけなければなりません。ほくろ除去をした施術後は小さな絆創膏などを貼るだけです。炭酸ガスレーザー(レーザーメス)でほくろ除去をした多くの女性は翌日からお化粧が出来ます。

炭酸ガスレ∴レしたりすることがあります。必ず医師や専門家と相談しながら、自分にあったほくろ除去の施術をうけることが大切です。安い価格に惑わされて失敗しないよう・・・特に大阪、愛知県、福岡県等では実際にがん細胞の進行事例があります。
また基本的に顔のほくろ除去の方が多いでしょうから、 慣れていない皮膚科や形成外科 で受けた場合は赤みがでたりして、経過が良くないケースもあります。