×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

切除縫合法でのほくろ除去のメリット

切除縫合法でのほくろ除去は一般的な外科手術の方法としてはとても簡単な手術です。この切除法合法でのほくろ除去は直径6mmを超える大きなほくろに適していています。

切除法合法でのほくろ除去は、局所麻酔+メスでほくろとほくろの周りを除去。ほくろ除去後は手術用の糸で真皮縫合と表面縫合です。一週間後は抜糸です。ほくろ除去後の痛みがきになりますが、2〜3日は我慢が必要と心得ましょう。

切除法合法によるほくろ除去は、抜糸が一週間後ですが、経過としては除去した箇所によって変わることがあると言われています。病院やクリニックにより除去後に傷跡消毒で通院が必要と言われるかもしれませんよ。

切除法合法の傷跡

切除法合法でのほくろ除去では傷跡が残ることがあります。ほくろ除去の専門医の方は縫合した跡の直線が顔や手足のシワの方向に一致させるようにして目立たない綺麗な傷跡に仕上げるそうです。運良く経験豊富な医師に手術して頂けるとほくろ除去後の傷跡も見た目ではわかりずらくなるでしょう。ちなみに札幌、神戸 、京都には名医が多いそうです。

切除法合法でのほくろ除去の場合は病理検査をすることができます。メラノーマや悪性のほくろなどを心配している方は切除法合法でのほくろ除去は安心な施術方法といえるでしょう。
ちなみにレーザー手術でメラノーマ(悪性黒色腫)や皮膚癌をほくろと誤診してとってしまうと問題となります。メラノーマは手術刺激で急速に暴れ出すことがあります。

切除法合法でのほくろ除去の欠点は、抜糸をするまで傷口に水をつけることができないことです。切除法合法でのほくろ除去では、洗うことが出来ない、つまり入浴する事も出来ないということです。ほくろ除去が済んでも抜糸まで洗えないと言うことに不快感や抵抗を感じる方もいるでしょう。また、毎日の通院消毒も多忙な方には不向きな、ほくろ除去法かもしれませんのでレーザー治療とどちらを選択するかは専門医に相談してみると良いでしょう。