×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

炭酸ガスレーザー

ほくろ除去は炭酸ガスレーザーでの除去が、早くて一般的に簡単な手術です。この方法は別な呼び方ではレーザーメスによるほくろ除去です。ただし、ほくろの大きさが5mm以下の盛り上がっていないほくろの除去に適しているのです。

炭酸ガスレーザー(レーザーメス)でのほくろ除去の所用時間ですが、5分から10分と、かなり短い時間で手術はおわります。レーザーメスでほくろ除去を体験した方は、あっというまに終わったと言う感じをうけるなのではないでしょうか。炭酸ガスレーザー(レーザーメス)でのほくろ除去には、施術中の痛みもほとんどありません。ほくろのある一カ所に麻酔がかけられ、その後一気に炭酸ガスレーザーで照射しほくろを除去します。施術にともなう出血量はごくわずかなと言われているんですねみます。

炭酸ガスレーザー(レーザーメス)でのほくろ除去では一回の手術でほくろを除去する事が出来ます。ただし、皮膚(何でもないときにはあまりに気にしないことも多いですが、一度トラブルが起こってしまうとものすごく気になるものです)の奥深くメラノサイト(加齢に伴い働きが弱まって、白髪が増えたりするわけですね)が残っている場合は2回以上、ほくろ除去の施術をうけなければなりません。ほくろ除去をした施術後は小さな絆創膏などを貼るだけです。炭酸ガスレーザー(レーザーメス)でほくろ除去をした多くの女性は翌日からお化粧が出来るようになるのです。

炭酸ガスレーザー(レーザーメス)でのほくろ除去は簡単で確実なほくろ除去といえると思います。しかし、炭酸ガスレーザー(レーザーメス)でのほくろ除去ではほくろの組織を採取することができません。つまり、病理検査が出来ないのです。ほくろ除去の際にレーーザー治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)という刺激を皮膚がうけて悪性ともなるとガン細胞が進行したり転移したりすることがあります。必ず医師(最近では、セカンドオピニオンを利用する人も増えてきているようです)やプロの方と相談しながら、自分にあったほくろ除去の施術をうけることが重要なのです。